忍者ブログ

不思議の古代史ブログ版

日本ピラミッドはラインで解けた!抜粋版6

TOP-PAGE・目次


●竹内文献は事実を記す!ー竹内文献の検証
 
竹内文献とは、明治に出現した古史古伝のひとつである。
竹内文献には、日本の正史・記紀に記されない超古代の歴史が記されていた。
日本の古書には、山岳の巨石遺構については一切の記載がない。
ところが、竹内文献にはピラミッドが記されていたのである。
それは、竹内文献に伝わった「御神宝」の中の御神体石(ごしんたいせき)に、神代文字で彫り込まれていた。
『イヤヨ月円(まど)六日、吉備常根本国 大綱手彦命天皇霊廟 亦ノ名メシヤ 日ノ神月ノ神 造主神日来神宮』

・・・・略・・・・

アカデミーは竹内文献やその他の古史古伝を偽書として葬り去っている。
しかし、これが事実の古代史が解明できない理由なのだ。
竹内文献には広辞苑でも把握できない事実が記されている。
そのひとつが地名である。
ここでは、ピラミッド山探査の途上で現われたひとつの事実をご紹介する。

●コゼ

市川流域の市川町は播磨風土記で川辺の里と呼ばれた地域で、川辺の里は東岸一帯を指しその中心が小畑集落だ
った。小畑は南の川辺から北へ伸びたY字形の集落で、集落中央で山を挟んで東小畑と西小畑に分かれる。
風土記に出てくる小畑川は、東小畑を貫流して最北の山に突き当たる。この突き当りが「コゼ」と呼ばれる谷で、突き当たりの山を地元の者はコゼ山と呼んでいた。
だが、この「コゼ」の意味を知る人は一人もいない。
昔からそう呼ばれ伝えられてきた地名であり、広辞苑にも載っていない言葉だ。
ところがこの意味が解ける。竹内文献の中にこの「コゼ」があったのだ。
地名・・ではない。風の名前なのだ。

東小畑北端の「コゼ」は、東の風を意味する言葉だったのだ。
すると東小畑に対応する西小畑にも、あるー、
西小畑には「ナゼ」と呼ばれる場所が存在した。
ナゼとは「西の風」、ふたつの言葉は、対応地名として使われていた。 

・・・・略・・・・

さらに、これらの言葉のいくつかが今でも生きていた。
また、地名としても広域の範囲で残っているのだ。

二〇〇五年には、蟹江敬三・主演の映画まである。
タイトルは「MAZE マゼ」、高知県香美郡夜須町手結港を中心に描かれた漁師の物語である。
マゼとは南風の意味で、高知県の田野浦・室戸・高知などの漁師の間で現在も使われているという。
高知市民図書館に拠れば、マゼとは南から吹く温暖なやわらかい風で、この言葉は四国・九州に広く分布しているとしている。

・・・・略・・・・

さらに、全国の地名ー。
愛知県豊田市松平志賀町コゼ。

ここでは漢字を充てることなく、そのままの発音地名で残っている。
この発音に漢字を充てた地名が、
新潟県新潟市西区小瀬。 
兵庫県姫路市夢前町古瀬畑。
ナゼには、名瀬・奈瀬などの漢字が充てられ、
京都府綾部市戸奈瀬町。 

神奈川県横浜市戸塚区名瀬町。 
鹿児島県奄美市名瀬佐大熊町(旧・鹿児島県名瀬市)。鹿児島県奄美市名瀬(旧・鹿児島県名瀬市)。
奄美大島の名瀬地名由来では、古くは琉球に属していたこの地の名前の由来について、魚瀬(ナゼ)、空地(ナージ)、大島の中地(ナージ)からきたとする説があるが定説はない、とされているらしい。
マゼには、馬瀬・間瀬などが充てられ、

・・・・略・・・・

地名由来の一例として、岐阜県の馬瀬ではー、
馬瀬川は飛騨川第一の支流でその両側には千メートル以外の山並みが続き、川沿いの平野・河岸段丘の上に馬瀬村の集落が点在している。

馬瀬村のマゼ地名はこのような地形から生まれた。マは壁で、仕切った居間や応接間の「間」、
壁のような山に囲まれた広がりの間で、間を流れる川が馬瀬川であり、全国のマゼ地名の大部分は間瀬であるー、
と、まあこのようにまことしやかに説明されているが、デタラメ話ー。
それぞれの地域でそれぞれの地名由来が語られていると思われるが、それらは全て間違いである。
これらの地名のある場所には、おそらく、その近隣に対応する地名の痕跡が残っているはずだ。
全国にある数多くの地名は、発音に漢字を充てたもの・・、つまり、地名は漢字以前から付いていたのだ。漢字は、発音に充てた単なる当て字にすぎない。
竹内文献が漢字以前の歴史を記していることは間違いない。



●謎の竹内文献
竹内文献とは、越中富山(富山市)の御皇城山(おみじんやまー現在の呉羽山)にあった皇祖皇太神宮(こうそ こうたいじんぐう)に伝わった古文書類である。
竹内文献には、その出生から最後に至るまで、奇妙な悲劇の影が付きまとう。
伝承によればー、
竹内文献は神武天皇以来、代々の皇統に伝わる神代からの歴史書だった。

・・・・略・・・・

さらにー、竹内文書には信じ難い記述がつづいていく。


本編の詳細は下記でどうぞ
◆⇒日本ピラミッドはラインで解けた!冊子案内


竹内文献/皇祖皇太神宮富山
竹内文献/皇祖皇太神宮/茨城


 ⇒TOP-PAGE・目次
PR